2010年5月10日月曜日

ディープ・ブルー 海と魚に癒されるドキュメンタリー映画 クラシックと波の音 感想


本文には映画の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『ディープ・ブルー』

【原題】
 DEEP BLUE

2003年製作(イギリス、ドイツ)
2004年7月17日(日本公開)

【配給】
 東北新社

【監督・脚本】
 アラステア・フォザーギル
 アンディ・バイヤット

【製作総指揮】
 アンドレ・シコエフ
 ニコラウス・ヴァイル
 ステファン・ベイトン

【製作】
 アリックス・ティドマーシュ
 ソフォクレス・タシオリス

【撮影】
 ダグ・アラン

【音楽】
 ジョージ・フェントン
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 (演奏)


ディープ・ブルー 映画感想

――随分昔の話なのですが
今では懐かしい青春の1ページ。

素晴らしい映画なので
誰かと一緒に鑑賞したかった。

学生の頃、バイク通学していたのですが、大学の授業が午後からの日は、たまにバイクで走り回って海を見たものです。

デートの約束ですっぽかされた映画
皆さんは、経験ありませんか?

僕の苦い想い出。ズバリこの映画
『ディープ・ブルー』 です。

「何となく海に行くのが好き…」
という方には、この映画は必見。

『ディープ・ブルー』 は、浅瀬の海から深海まで、幅広く取り扱った、ドキュメンタリー映画。仕事などで疲れた時

大スクリーンで観る事をおすすめします。しかも、ベルリン・フィルのクラシックと波の音とくれば、癒し効果抜群!

本編に登場するのは――


オニミズナドリ、ホッキョクグマ
ジンベイザメ、アオウミガメ
ガラパゴスハオリムシ

イワシクジラ、シーネットル
コククジラ、マカジキ
クロトガリザメ、アカシュモクザメ

シャチ、オタリア
マユグロアホウドリ
リーフィーシードラゴン

サンゴ礁、コウテイペンギン
オニイトマキエイ、コメツキガニ
ギガントキプリス・アガッシィ

……など^^


『大地はすべて人のものである』
とホメロスは謳ったが

「地球を好き勝手に破壊して
 許されるのか?」
との思いに駆られる。

鑑賞後、環境問題を深く考えさせられる作品でもあります。NHKで放映された、『海』 というタイトルの

イギリスBBC で制作された番組のダイジェスト版の様です。DVDにはメイキング映像も収録されています。

疲れたら…

『ディープ・ブルー』 をみる。
いかがですか?

東間 陽一 Yoichi Azuma






美しい魚たちに癒される♪
ドキュメンタリー映画
ディープ・ブルー


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。