2013年6月29日土曜日

ザ・キス(接吻) 豪華絢爛と幾何学模様! グスタフ・クリムト 男女の愛の融合


グスタフ・クリムト
(1862―1918年)

私生活では奔放だった
クリムトの最高傑作 『ザ・キス』 (接吻)。

男女の愛の融合を見事に描いています。金箔を多用、豪華絢爛と幾何学模様が、激しい恋愛に入る

所謂2人だけの世界を見事に表現している。いつか、クリムトの大きなポスターが欲しい所ですが

貼るスペースがなく、広い家に引っ越しできれば購入してみたいものです(涙) 家庭用プリンタでも

分割印刷すれば大きく印刷可。
いつか、実験的に作ってみたい^^

漫画 『ヴィンランド・サガ』 (幸村誠著・講談社)で、ヴァイキングが牧師に尋ねる。愛は、幾らするかと。

当然牧師は、お金に換算できないものに価値を与えるのが 「愛」 であるのだと説くのです――

画家クリムトは結婚せずに、多数の女性と一緒に同棲していた。現代の恋愛を先取り、当時の恋愛の

遥か先を進んでいた。名画 『ザ・キス』 (接吻)の複製画や画集などが、ネット販売されています。

ゴージャスで華やかな世界が、インテリア壁紙としても映えます。美術館へ足を運び、絵画をじっくり鑑賞

ポストカード・コレクション
も楽しいです。





愛に生きた画家 クリムト

現代はDV、ストーカー、同性結婚など、様々な問題ばかりですが。「恋愛」 という普遍的な、人類最大

とも言うべきテーマをクリムトに描かせたら1番の巨匠。結婚せず、多数の異性とつきあっている

様な人がたまにいますが、キリスト教の価値感ではもはや、価値観が多様化してしまった現代では

古いのかもしれません。結婚というのは言わば 「契約」 で、お互いが合意すれば、「結婚」 という形に

捉われなくとも良いのではないでしょうか? お金に価値を与えるのが愛であれば、これ程ピッタリくる

絵はないでしょう。人生で最も輝く黄金時代。大半の人が大恋愛ではないからこそ、この絵に溜息をついてしまう。

これいいね、と。

「エミーリエを呼んでくれ」

――それが愛の巨匠クリムトの、最期の言葉でした。著名な愛人エミーリエ・フレーゲは、クリムトの死後

彼と交わした手紙を全て処分。以降は生涯独身を貫いている。クリムト生誕150年後の、2012年9月30日。

晩年、クリムトが創作活動を行った
アトリエが再現されました。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。