2013年10月20日日曜日

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 ブラックユーモア・アニメ


本文には作品の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『クレヨンしんちゃん
 嵐を呼ぶモーレツ!
 オトナ帝国の逆襲』

2001年製作(日本)
2001年4月21日公開

【配給】
 東宝

【製作会社】
 シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日

【原作】
 臼井儀人

【監督・脚本】
 原恵一

【製作・プロデューサー】
 山川順市、和田やすし、福吉健

【撮影】
 梅田俊之

【編集】
 岡安肇

【音楽】
 浜口史郎、荒川敏行

【主題歌】
 こばやしさちこ 「元気でいてね」

【声の出演】
 矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治
 こおろぎさとみ、真柴摩利

 津嘉山正種、小林愛
 関根勤、小堺一機
 ほか


――故・臼井儀人先生に捧ぐ。クレヨンしんちゃんのコミックが好きで、何冊か持っていました。けれど

子ども向けに映画は作られるので中々、映画館まで行くのはしませんでした。不慮の事故で、臼井儀人先生が

亡くなってしまったので、1番知名度のある 『オトナ帝国の逆襲』 を、レンタルで借りてみました。ノルスタジー

てんこ盛りでタイトル通り、オトナ向け。子どもが観てもまだ余り、ピンと来ないでしょう。こうして見てみると

オトナになる境界線はどこかと考えを巡らせると、やはり、「夢」 を見れなくなった時点でオトナになるのではないでしょうか?

東日本大震災後、きびしい現実を突きつけられる毎日ですが、戦後、焼け野原から復興した人たちの事を思えば

まだ何とか、立て直しは充分きくと思っています。ピュアな子どもに戻りたい方におすすめ。『クレヨンしんちゃん』 は

子どもに見せたくない番組で、トップを取っていますが、『ムーミン』 のように、もっと情緒あるものを子どもは

観るべきでしょう。原作者の臼井儀人先生には申し訳ないのかもですが…『オトナ帝国の逆襲』 を鑑賞し

今は亡き
臼井儀人先生を偲びました。


ブラックユーモアが楽しめる
異色アニメ映画

毒舌で攻撃的な口調ばかりで、良くないとは思っているのですが。実際に街で子どもが、クレヨンしんちゃんの

セリフを喋っているのを聞いた事があります。話す言葉は言霊(ことだま)。悪い言葉、言霊ばかり小さい子どもが

口に出すのは本当に心配です。何でも素直に 「はい」 と元気よく答える子どもは、大人になれば出世するでしょう。

大人になっても魂の純度を保つにはどうしたらいいかと言うと、良い言霊をだす事です。何かしてもらったら

「ありがとう」 などお礼を言う。悪い言葉ばかり吐いて、いい事はありません。昔ラジオで、かわいい訳ではなく

やたら男子にモテる女の子がいたそうですが、その女の子はよく人を褒めるので、モテていたそうです。

粗探ししようと思えば、幾らでもできます。いい所を努めて探し、それを褒める人間になりたいものです。

クールでニヒルが売りの、クレしんでは難しいかも知れませんが。クレしんで楽しんで、リアル生活では褒めて

ヨイショする人になりたいですね。
ブラックユーモアが
楽しめる映画です。

東間 陽一 Yoichi Azuma




異色のブラックユーモア・アニメ
クレヨンしんちゃんシリーズ!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。