2013年10月15日火曜日

マトリックス・レボリューションズ SF名作 ロボット時代、自分を客観視 感想


本文には作品の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『マトリックス・レボリューションズ』

【原題】
 THE MATRIX REVOLUTIONS

2003年製作(アメリカ)

2003年11月5日
日本公開(全世界同時公開)


【監督・脚本】
 ラナ・ウォシャウスキー
 アンディー・ウォシャウスキー
 (姉弟)
 ラリー・ウォシャウスキー

【製作総指揮】
 ブルース・バーマン

【撮影】
 ビル・ポープ

【音楽】
 ドン・デイヴィス

【出演】
 キアヌ・リーブス
 ローレンス・フィッシュバーン
 キャリー=アン・モス
 ヒューゴ・ウィービング

 ジェイダ・ピンケット=スミス
 ランベール・ウィルソン
 モニカ・ベルッチ
 ハロルド・ペリノー・ジュニア
 ほか


マトリックス最終回
レボリューションズ(革命)

『レボリューションズ』
―電脳世界Ⅳ

『マトリックス・レボリューションズ』 サントラも、最高のBGMと人気♪ 最後まで一気に観客を引き込む

ドラマチックな展開に気が抜けない。ザイオン攻防戦で迫力のバトル、エージェントスミスとの最終決戦。

マトリックス・シリーズ最後を飾る名作。オラクル(預言者)の女優さんが別の方だったので、監督とモメて

やめて行ったのかなぁと(汗) うっすら思っていましたが。実は…2001年に亡くなられ、リローデッドが遺作となった様です。

かなりいい人そうだったので
とても残念です。
ご冥福をお祈り致します。


――マトリックス・シリーズ最終回

『リローデッド』 『レボリューションズ』 とも同時進行だった様です。加えて、ゲーム(Playstation2)の

『ENTER THE MATRIX』 も同時進行で、3つも一気に作り上げるという荒業を成し遂げました。大作映画だと次回作の

繋ぎムービー、関連ゲームを作るのは、今ではセオリーの様になりました。『マトリックス』 が最初ではないでしょうか。

リーマンショックが 2008年ですから、こういった大作・名作が生まれるのは、やはり世界の景気が良くなって

出資者が出てくる様になる時期でしょう。2010年代か、2020年代になるかは、分かりませんが。



世界をすばらしく
電脳世界での自分を客観視

ちょうど10年前の作品になるので、現在では、スマートフォンにみんな夢中の時代ですね。今や、サイバー空間は

誰でも身近なものになりました。ふざけた写真をツイッターに投稿して破滅する若者も出てきました。

サイバー空間でも、礼節は必要。セカンドライフである電脳世界を、軽く考えてはなりません。

ネットで暴言を吐けば記録として数十年は残る時代。学校でも、ネットでふざけたらどうなるかを教えないといけない時代に

なったと感じています。『マトリックス』 は今や、身近なものです。世界はまだ破壊されてはいませんが

サイバー空間が 「第2の現実」 になりつつあるのならば、「第2の自分」 も大切に扱わなければなりません。

この映画であるように、マトリックスの中での 「姿」 も大事です。自分の 「姿」 を常に、客観的に見ないといけません。

ネットで常に暴言を吐いてる人がいますが、魂には毒でしょう。誰もが簡単に、高度な知識を得る事ができる時代。

もっと世界が素晴らしいものとなる様に、電脳世界、マトリックスを自身に活用したいものです。1度はご覧あれ。

東間 陽一 Yoichi Azuma






マトリックス・シリーズ!
マトリックス・レボリューションズ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。