2013年10月15日火曜日

マトリックス おすすめ映画 SFアクション傑作 サイバー戦場を予言 感想

本文には作品の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『マトリックス』

【原題】
 THE MATRIX
 1999年製作(アメリカ)
 1999年9月11日(日本公開)

【受賞記録】
 1999年
 アカデミー賞 視覚効果賞

【監督・脚本】
 ラナ・ウォシャウスキー
 アンディー・ウォシャウスキー
 (姉弟)
 ラリー・ウォシャウスキー

【製作】
 ジョエル・シルバー

【製作総指揮】
 ラナ・ウォシャウスキー
 アンディー・ウォシャウスキー
 (姉弟)
 ラリー・ウォシャウスキー
 ブルース・バーマン
 アンドリュー・メイソン
 アーウィン・ストフ

【撮影】
 ビル・ポープ

【音楽】
 ドン・デイヴィス

【出演】
 キアヌ・リーブス
 ローレンス・フィッシュバーン
 キャリー=アン・モス
 ヒューゴ・ウィービング
 ジョー・パントリアーノ
 グロリア・フォスター
 ほか


第2の戦場
サイバー空間を予言した作品

マトリックス―電脳世界。

現実は夢で、実は、別の所にいるのでは…と、誰もが1度は考えた事はありませんか? そんな映画です。

見所は何といっても、迫力一杯のカンフーアクション! クールに仕上がっています。1999年の作品は、続編も作られました。

マトリックスのアクションは他の映画にも影響を与え、暫く、ハリウッド映画でマトリックスっぽいアクションが流行ったものです。

映画では、すぐにカンフーを覚えた設定でしょうが、本物の俳優は、全て1つ1つ、動きを覚えていって

大変だった事でしょう。並の人間なら
すぐに根を上げてしまいそうです。

サイバー空間が
第2の戦場となりつつある現代。

何とアメリカでは、アメリカサイバー軍が 2009年に創設。サイバー空間では日々、戦いが繰り広げられています。

見えない戦場ではありますが。この映画は 10年前に、そういった事を予言しています。近年、人のパソコンを乗っ取り

犯罪予告して誤認逮捕される事件が、日本でも起きました。デジタルはどんどん進んで今や、スマートフォンの時代。

スマホでインターネット回線が
パンクするという話も出ています。


電脳を使いこなせる人材生む
土台づくりが必要

インターネットの高速回線も開発されていますが、コストの面から、普及はまだまだ進んでいない様です。

漫画世界 2次元
現実世界 3次元
宇宙空間 4次元

とするとインターネットは、5次元世界と言っていい。注文した品は宅配業者を通じて、時間をかけて届きますが

情報だけであるならば、光の速度で、世界を休みなく動いていると言えます。僕は九州に住んでいますが

今や普通に、世界中の情報を読む事ができます。2020年、東京オリンピックに湧いていますが、現実のインフラばかり

整備しても、肝心の使いこなせる人間がもっといれば、という思いに駆られます。現実的な整備は最低限に

とどめ置き、ソフトを作れる人間を増やしたら、日本はもっと豊かになれると思うのですが。現在は漸く

ゆとり教育を排してという所。アップルのスティーブン・ジョブス氏のような人物を生む土台を作り出していくのが

これからの日本の課題です。

東間 陽一 Yoichi Azuma




かっこいいSFアクション
マトリックス・シリーズ!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。