2014年3月28日金曜日

ピカソが評価した「20世紀最後の巨匠」 バルテュス 節子夫人は菊池一族末裔


フランスの画家
バルテュス(1908―2001年)

日本ではマイナーであまり広く知られていませんが、ピカソは 「20世紀最後の巨匠」 と評価しています。

室内の少女をたくさん描いています。どこか寂しげで、物静かなストーリーを感じます。美術学校には

通わず独学でしたが、ルネサンスやフランス古典主義の絵画にふれ、独自の世界観を作っています。

1962年、日本に訪れた際、日本人の出田節子(1942年~) さんと運命的に出会い、1967年結婚。

出田節子さんは東京生まれですが何と、くまモンの里! 熊本・菊池一族の末裔。一菊池市民としては

菊池一族の方が、もっと活躍してほしい所です。公式ホームページで、節子さんのビデオメッセージが

あるので、興味のある方はご覧ください。バルテュス展は、2014年4月19日~6月22日 東京都美術館。

2014年7月5日~9月7日 京都市美術館で開催されます。日本国内で見る事のできない作品に加えて

バルテュスのアトリエが再現してあり、使っていた私物、小物なども来日するそうです。見に行きたい!

東間 陽一 Yoichi Azuma




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。