2014年3月17日月曜日

トロン:レガシー 21世紀に蘇ったトロン! 空中戦、バトルアクション満載 感想


本文には作品の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『トロン:レガシー』

【原題】
 TRON: LEGACY

2010年製作(アメリカ)
(日本公開)

【監督】
 ジョセフ・コジンスキー

【製作】
 ジェフリー・シルヴァー
 スティーブン・リーズバーガー
 ジョン・ベイリー

【製作総指揮】
 ドナルド・クシュナー

【脚本】
 アダム・ホロウィッツ
 エドワード・キッツィス

【撮影】
 クラウディオ・ミランダ

【音楽】
 ダフト・パンク

【出演】
 ジェフ・ブリッジズ、オリヴィア・ワイルド
 マイケル・シーン、セリンダ・スワン
 ブルース・ボックスライトナー

 ジェームズ・フレイン
 エリザベス・マシス、ギャレット・ヘドランド
 マイケル・シーン、ボー・ガレット
 ほか



空中戦などの迫力アクション満載!
トロン:レガシー

21世紀のトロン。1982年公開されたトロンが、21世紀の3D時代に劇的復活! 初代トロンは昔みて記憶が

かなり曖昧になって来ていますが、目がチカチカする感じだったのを憶えています。 『ジュラシック・パーク 』

から始まるCG全盛時代の先駆けとして記念すべき作品で、何と、21世紀の3D映画時代に3Dとして公開!

本当は劇場まで見に行きたかったのですが多忙で、映画館にいく時間が取れませんでした。僕は 3Dディスプレイを

持っていないので、21世紀版トロンを3Dでみる事が出来ないでいます。仕方なしにDVDで鑑賞したものの…


中々の出来ばえです! 続編の話もちらほら聞くので、もし、『トロン:レガシー』 PART2 が出た時には

映画館で3Dを楽しみたい所。ディスク・バトル、ライトサイクル・バトル、アクション、クライマックスの空中戦と

見所が盛り沢山です! クールSFデザインもシビれます。まさしく、21世紀に蘇ったトロンです。音楽には

テクノと言えばこの人達と言わんばかりの、ダフトバンク。サントラCDも、何時か、ゲットしたいものです♪

2014年に  『アバター2』 公開が予定されているので、再び、3D映画に注目が集まりそうな予感です。

東間 陽一 Yoichi Azuma






迫力バトルアクション、空中戦
トロン:レガシー!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。