2014年3月18日火曜日

元祖シュルレアリスム ジョルジョ・デ・キリコ ギリシア神殿を思わせるデジャヴ


ジョルジョ・デ・キリコ
(1888~1978年)

元祖シュルレアリスム。

リヴァーウォークにある北九州市立美術分館にキリコの展覧会が来日! 新しく買ったキャノンキスN

を携え鑑賞しに行きました。9年位前なので、何を観たのかさっぱり憶えていませんが、シュールな街並み

人物が印象的でした。現在では余り見ませんが、夢で知らない街を、よく見ていました。その知らない街は

キリコの描いた絵にそっくりだった様な気がします。そういった意味では、やはり、1度は見た景色として

デジャヴ(既視感)を感じ、キリコの絵に、くい入るように見てしまう。キリコがいた時代は第1次世界大戦

第2次世界大戦と大きな動乱の時代でしたから、その当時の人々の言い様のない不安は、誰しもが当時

抱えていたものでしょう。今も似たような社会情勢ではありますが、世の中がもっと、安定して欲しい所。

ギリシア出身だけあって、ギリシア神殿を思わせる様なシンプルな美しさがある。子供が描いた様に見えますが

実際にマネようとしても
ちょっと難しいでしょう。

東間 陽一 Yoichi Azuma




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。