2014年5月14日水曜日

珠玉の名作マレーナ 洋画ラブロマンス 美しさは罪 モニカ・ベルッチ出世作 感想


本文には映画の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『マレーナ』

【原題】
 MALENA

2000年製作(イタリア、アメリカ)
2001年6月9日(日本公開)

【配給】
 ギャガ

【原作】
 ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ

【監督・脚本】
 ジュゼッペ・トルナトーレ

【製作】
 ハーヴェイ・ワインスタイン
 カルロ・ベルナスコーニ

【撮影】
 ラホス・コルタイ

【音楽】
 エンニオ・モリコーネ

【出演】
 モニカ・ベルッチ
 ジュゼッペ・スルファーロ
 ルチアーノ・フェデリコ
 マティルデ・ピアナ
 ほか


トルナトーレ監督・脚本
モニカ・ベルッチの出世作

地上波テレビでこの映画をみました。いい出来だったので、随分時間が経ってから、レンタルで改めて鑑賞しました。

イタリア人の青春ムービー。撮影はシラクサで、町並みがとても味わい深いです。『マトリックス・リローデッド』

に出演したモニカ・ベルッチが、インパクト大でした。中々の悪ガキで、いい味出てます。イタリア旅行いきたい!

年上の女性に憧れる、思春期の少年。この名作映画が気に入った方は、通常版に加え、 『マレーナ』

ディレクターズ・エディションを鑑賞するのをおすすめします。追加カットも加わっており、面白くなっています。


マレーナ 美しさは罪

第2次世界大戦中、ナチス・ドイツがヨーロッパを席巻した後、ドイツ兵と仲良くしていた女性は、戦争後

かなり、いじめられた様です。全ての悪の元凶は、戦争なのでしょうか。世界大戦から 69年経ちましたが

近年キナ臭くなってきました。ボタン1つで月に行けたり、1つの都市が消えたりする時代ですが、未だに

戦争という諸悪の根源がなくならないのは残念な事です。シチリアのような美しい町も、善良な人々も

戦場になれば破壊されてしまいます。『マレーナ』 は、イタリア映画ベスト10入りしておかしくない名作です。

東間 陽一 Yoichi Azuma







少年の一途な恋物語
珠玉の名作 マレーナ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。