2014年5月24日土曜日

日曜美術館 ポップアートの奇才 ウォーホルを「読む」 色違いポスター有名 感想


本文には番組の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『日曜美術館』
 NHK Eテレ

毎週日曜 09:00~10:00 放送
翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「ポップアートの奇才
 ウォーホルを 『読む』」

2014年4月6日放送
2014年4月13日よる 再放送

【司会】
 井浦新

【語り】
 伊東敏恵

【出演】
 秋元康(作詞家・放送作家)

【VTR出演】
 佐藤可士和(アートディレクター)
 布施英利(美術批評家)
 エリック・シャイナー
 (アンディ・ウォーホル美術館館長)



「僕のことを知りたければ
 表面だけを見ればいい。
 裏側には何もないから」

アンディ・ウォーホル(1928~87年) の名言です。1960年代―世界のアートの中心となったニューヨーク。

あるアーティストの作品が、芸術の根底を変えました。20世紀アートの巨人、アンディ・ウォーホル。自画像が何と

31億円で競り落とされました。


「退屈なものが好きだ」

「なんでオリジナルじゃなきゃ
 いけないの?」

「ポップは外側からやってくる」

「謎を残したいんだ」

「うまくいってるビジネスは
 最高のアート」

「僕のやっていることは
『死』 にちがいない」


数々の名言を残しています。森美術館でアンディ・ウォーホル展 『永遠の15分』 が開催されました

(2014年2月1日~-5月6日 終了)。六本木ヒルズの森美術館には、1回だけ行きました。お洒落な美術館!

アンディ・ウォーホルと言えば、キャンベルのスープ缶、マリリン・モンローの色違いのポスターなどが有名ですね。


――六本木ヒルズの森美術館。綺麗な美術館で、もう1度、行きたいな。入口から、赤いウォーホルが迎えてくれる。

アンディ・ウォーホルのあの、有名な缶詰の作品 『キャンベルスープ缶』 も来ています。アップルのジョブズと

同じような、繊細な天才というものを感じます。日本にも輸入され、ポップアートを真似てカンタンな作品で

一見すると分からない不可解なものも、沢山生まれたような気がします。自分の制作場をアトリエとは呼ばず

「ファクトリー」 と呼ぶところも最早、アートも工場から生まれた、時代を先取りしたアンディ・ウォーホル。

58歳と短命だったのが残念です。僕はウォーホルやジョブズのような繊細さに欠けるので、憧れます。

インテリアショップ 『フランフラン』 が 2012年秋スタートした、アメリカポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルとの

コラボアイテムも展開中。『キャンベルスープ』 バッグの、ユニークなデザインが最高です♪

東間 陽一 Yoichi Azuma







ウォーホル複製画
ポップアートポスター 一覧!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。