2014年5月16日金曜日

ポーラ美術館コレクション 佐賀県立美術館 展覧会の感想 その1


ポーラ美術館コレクション
モネ、ルノワールからピカソまで

佐賀県立美術館
2014年4/22(火)~6/22(日)




(写真/東間 陽一 Yoichi Azuma)



ポーラ美術館コレクション in 佐賀県立美術館! 美術館めぐり、感想のつづき。

佐賀県立美術館に入ろうとすると、長渕剛さんの詩画展 『殺気』 の看板が。

(タイトルがこえ~よ~)

美術館内でも詩画の制作過程が紹介された予告編VTR。画面から鬼気迫るもんが。

長渕剛さんってシンガーソングライター俳優のほか、詩人・画家という顔も、お持ちなんですねぇ。

長渕さんの多才さをも
垣間見させられた
佐賀での展覧会でした。


――ポーラ美術館コレクション
展覧会の内容です。


第1章
光の中へ
― 印象派の革新と影響

マネ、クールベ、コロー、ブーダン、シスレー、ピサロ、ギヨマン、モネ、ルノワール、ルドン、ボナール(11画家)


第2章
躍動する色彩
― ポスト印象派からフォーヴへ

セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ、シニャック、クロス、プティジャン、シダネル、ヴラマンク、エルバン、ヴァルタ

マルケ、ドラン、マティス、デュフィ
ムンク(15画家)


第3章
造形の冒険
― ピカソとブラック

ローランサン、ブラック
ピカソ(3画家)


以上、29人の画家・巨匠たちが集結!

錚々たる顔ぶれの印象派の画家達
圧巻ですね~。

またまた次の記事につづく
美術館めぐり大好き!

みゆ





巨匠たちの名作!
印象派の複製画一覧!



【関連記事】
ポーラ美術館コレクション 佐賀県立博物館 佐賀県立美術館 展覧会の感想

ポーラ美術館コレクション 佐賀県立美術館 展覧会の感想 その3(完)

ポーラ美術館コレクション 佐賀県立美術館 展覧会の感想 その2


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。