2014年6月6日金曜日

日曜美術館 夢の宗達 傑作10選 風神雷神図屏風 謎多き絵師 感想その2


本文には番組の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『日曜美術館』
 NHK Eテレ

毎週日曜 09:00~10:00 放送
翌週日曜 20:00~21:00 再放送


「夢の宗達 傑作10選」
2014年4月20日 放送
2014年4月27日よる 再放送

【出演】
古田亮 (東京藝術大学准教授)

【VTR出演】
中沢新一(思想家・人類学者)
絹谷幸二(画家)
土屋秋恆(水墨画家)


――俵屋宗達は伝統に学びながら、斬新な技法に挑みました。にじみを操って絵を描く技法。傑作10選から

その神髄に迫ります。東京国立博物館・平成館特別展 『栄西と建仁寺』。日本最古の禅寺・建仁寺の

貴重な宝物が展示されています。ここに俵屋宗達の最高傑作、「風神雷神図屏風」 が展示されています。


★2007年、京都国立博物館で琳派の絵を鑑賞した事があります。とにかく大きくて、迫力がありました!

戦国時代を経ているので、力強さがありました。明治維新まで平和な時代が続いたせいか、今の日本画は

しとやかなイメージが強いので、常識をぶち破る天才が、出てほしいものです。俵屋宗達 「風神雷神図屏風」

のようなレボリューションを是非とも、世間知らず常識知らずの若者が、起こしてほしいもの。俵屋宗達は

当代一流の文化人であった、烏丸光広や本阿弥光悦らの書巻に、下絵を描いています。今風に言うなら

コラボレーションですね^^

東間 陽一 Yoichi Azuma






【関連記事】
日曜美術館 夢の宗達 傑作10選 風神雷神図屏風 謎多き絵師 感想その1


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。