2014年6月17日火曜日

NHK 日曜美術館 春、こころの桜 日本画家・奥村土牛 感想その2

『日曜美術館』 NHK
「春、こころの桜
 日本画家・奥村土牛」

2014年4月27日 放送
2014年5月4日よる 再放送

【出演】
三好和義(写真家)

【VTR出演】
奥村正(土牛三男)
山崎妙子(山種美術館館長)

草薙奈津子(平塚市美術館館長)
西田俊英(日本画家)


――日本画の巨匠

奥村 土牛
(とぎゅう 1889~1990年)

醍醐のしだれ桜。多くの技法や工夫を、実際に花弁に凝らしている構図も不思議です。太い幹が描かれ、満開の桜は、僅かにしか描かれていません。

そこにこそ、奥村土牛の深い意味が込められています。その奥に秘められている何かを想い出させてくれるようなものが、醍醐の桜には在った。

日本画家、奥村土牛。
こころで描いた桜にまつわる物語です。


★明治・昭和にかけて 101歳まで活躍した画家、奥村土牛の、「日本画 最高峰に位置する巨匠」 と言われる所以でしょう。

日本の春といえば桜ですね。京都は2度ほど行ったのですが、桜と秋のシーズンは行った事がありません。1泊2日のスケジュールが多いので

2泊3日位でもっと京都を満喫したいものです。奥村土牛の複製絵画・掛け軸が、楽天市場で送料無料、お得通販されてます。

『紅白牡丹』 『椿』
『蜜柑』 『朝顔』 『栗』

どれも日本の美意識に溢れている名作ばかり。奥村土牛画伯の絵画は、どれも淡い色づかいが優雅で絶妙です。
東間 陽一 Yoichi Azuma





【関連記事】


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。