2014年12月2日火曜日

天野喜孝展 想像を超えた世界 熊本市現代美術館 展覧会の感想

『天野喜孝展 想像を超えた世界』
2014年9/27(土)~11/23(日)
熊本市現代美術館

もはや説明不要の日本を代表する
イラストレーター 天野喜孝。

『ファイナルファンタジー』 (スクウェア・エニックス) の大ファンなので、絶対に見ておきたい展覧会でした!

ムーヴメントと繊細な色づかいがとても良いイラストです。子供のころ、少し真似して描いていた記憶もあります。

『ファイナルファンタジー』 のイラストを見たら、つい手を合わせてしまいました。ありがたや、ありがたや。

天野喜孝氏のイラストを見ると
少年心に火がつきます^^

10月12日(日)
天野喜孝キャラクター
コスプレコンテストが!

ナマ天野喜孝氏をみれるチャンスでしたが、台風がどうなるかわからなかったので、10月11日に展覧会をみました。

う~ん、ちょっと残念だったかな。
展示は――


1.デビュー!/2.吸血鬼ハンターD
3.グイン・サーガ
4.ファイナルファンタジー
5.モノクロームの世界
6.乙女/7.男/8.KAWAII
9.東方の夢
10.DEVA ZAN/11.DEVA LOKA


近郊だったのでデジカメを持っていきませんでした。最後の展示はカメラ撮影OK だったので大後悔(涙)

仕方ないので、ケータイカメラでパシャリ。アルミパネルに描かれた天野喜孝先生の絵でした。自動車の塗料を使用、反射でキラキラして綺麗でした☆

まだまだ終着点に、天野喜孝先生は着かないのかも知れません。10~30代位が多いかと思ってたら意外と年配の人も来てました。

天野喜孝先生は幅広いファンがいる様です。ミュージアム・ショップで当然! 先生のポストカードを物色。

1枚 162円、ラメ特殊加工ポストカードは 378円。おもしろかったので、ラメ加工を2枚購入♪ ポストカード&図録も大人買いしたかったな~。

最後の展示は素晴らしい。天野先生のさらなる飛躍を感じます。最近の 『ファイナルファンタジー』 はプレイしてません。

なんかこう、プレイステーション辺りでリアルに走り出した感じから、あんまりついて行けてません。

最新のファイナルファンタジーはかなりリアルに作られてますが、やる気が起きず。プレイステーション3 も持ってません。

情緒がちょっと
なくなって来ましたからねぇ。

今後、ファイナルファンタジーや3Dゲームが無くなる事はないでしょうが、もっと情緒あるものを作ってほしいものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。