2014年12月3日水曜日

黒田家の槍 志賀島で発見された金印 福岡市博物館 常設展示 感想

福岡市博物館。ここも散々通いました。百道浜の埋立地に立地。

近くには福岡市総合図書館、福岡タワー、福岡ヤフオクドーム、シーホーク、ホークスタウンとなんでもそろってて便利です。

地下鉄だと結構あるくので、天神から西鉄バスがおすすめ。大人気の展覧会の場合、駐車場の空きは保証できないものが^^;

考えてみれば、東京都美術館の歴史は 100年を超えている。

福岡市博物館は、1990年アジア太平洋フェスティバルの時にオープン(何回かみに行った)。オープンして 24歳です。

隣接する福岡市総合図書館では図書館の本の万引きが問題に。九州人として恥しい限りです。せめて大阪に追いつくには、あと 100年かかるかも知れません。

これだけ世の中便利になっているので、地方に住んでて都会と変わらない暮らしが可能になっています。

福岡はまあまあの都会になったので、あとは、九州の他県のテコ入れでしょうか。福岡市博物館は資料室、レストラン、ミュージアムショップとセオリー通り。

天神からだと曲がるタイミングが難しいので、福岡タワーに向かって進みましょう。福岡ヤフオクドームから北側から行くといいかも知れません。

常設展示室は、黒田家の槍がとてもかっこいいです。すごいギラギラして、かなりの切れ味がしそうです。

あと何といっても一番の宝は、志賀島でみつかった金印! 福岡の宝です!

何故あったのかはいまだ謎ですが、地理的に中国・韓国と近く、交流があってもおかしくない距離。

「宝」 といえばイギリスの教会で、10世紀頃のバイキングの宝がみつかったニュースがありました。

福岡の深夜情報番組 『ドォーモ』 でも、砂浜で金属探知機をかけて流れついた陶器をさがす企画をやっていました。

金属探知機を買って色々と探し回ると楽しいかもしれません。ま~、みつけても土地の所有者のモノですが(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。