2015年2月19日木曜日

ボルドー展 美と陶酔の都へ 姉妹都市 福岡市博物館 展覧会の感想

福岡市博物館 特別展示室
ボルドー展~美と陶酔の都へ~

「福岡市・ボルドー
 市姉妹都市交流事業」
2015年1/31(土)~3/29(日)

久しぶりに福岡市博物館にきてボルドー展のポスターを見たので、必ず来ようと思った展覧会! 前回来たのは 2014年、九州仏。

ボルドー展は石器時代のレリーフから現代アートまで、2万年の歴史を楽しめる展覧会でした。

おフランス大好き、コンビライターでブログ管理人の、みゆも連れて来ました♪

寒かったのですが、3度の飯より美しいモノ大好きの東間陽一は博多までやって来るのです(笑)

ボルドーといえばワインですね。それくらいしか知りませんでした。都市というのはやはり、港が先に成長するようです。

ワイン貿易で富を築いた街で、港町の博多とそっくりです。福岡市とボルドー市は姉妹提携しているようですね。う~ん都会。

ワイン酒造のお屋敷はとても立派な感じで描かれていました。おそらく今もあって、良質のワインをたくさん作っているでしょう。

ビールばかりで、ワインはあまり飲みません。円安なので、今は高くなっているのでしょうか?

展覧会場のお土産屋さんのものでも全体的に高かったですねぇ。おフランスの物はオシャレですが、値は張ります。

たくさんの展示品があって
お釣りのくるボルドー展でした。

やはり1番は、ドラクロワですかねぇ。直にみる機会に恵まれて本当にラッキー。真に迫る迫力でした。

火災で絵が欠けても、画家の
「魂」 は焼きつくす事はできない。

超定番グーグルストリートビューでヴァーチャルツアーしてみた。 さすが、フランス大聖堂がどれも綺麗ですねぇ。

サン・タンドレ大聖堂、サン・スラン大寺院。これは、場所がわかりませんでした(涙) 画像検索してみてわかりました。建物が顔みたいな感じです。

あと、サン・ミッシェル大寺院。どれも洗練されてて素晴らしい。おっしゃれっつ♪ フランスも行ってみたいけど高くつきそう。

漫画雑誌モーニングで絶賛連載している 『とりぱん』 ですが、作者の漫画家さんが友人と共にアメリカ旅行時、パスポート審査でひっかかって、1便乗り遅れたとか。

格安会社に頼むとこーゆーとき怖いですね。JALサイト、往復アメリカ行きを簡単に検索かけてみると、約14万円はします。

片道7万円。
稼いだ次からもう海外旅行^^;
仕事がんばりまふ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。