2015年9月25日金曜日

クレオパトラとエジプトの王妃展 東京国立博物館 ティイ王妃 展覧会感想


クレオパトラとエジプトの王妃展
東京国立博物館 平成館
(台東区上野公園)

2015年7月11日(土)
~9月23日(水・祝)

エジプト展はかなり鑑賞したからもういいとは思うのだが、趣旨が毎回微妙に違っているので、ついつい鑑賞してしまう。

人類文明発祥の地でもある訳ですから、たくさん遺物があるように思います。全て観たという人は多分いないでしょう^^;

記録を残すというのは、実は大変な事で、CDやHDDは約 20~30年。紙だと、100年くらいでしょうか。

石に刻んだ記録がなければ、エジプト文明の解読は難しかったのかも知れません。

次の世代にも語り継がれてほしいのですが、物騒な時代になったので、遺跡や博物館が安全に守られる事を願うばかりです。

展覧会の入口。大きな蛇で自ら命を絶つ、クレオパトラ像が見えます。初代皇帝アウグストゥスと極秘面会した後

クレオパトラは自決しているので、相当きつい条件を出されたと思います。島流しくらい言われたかも知れませんねぇ。

その他にも、いい仕事している遺物ばかり来て、お釣りがくる展覧会! 大石像で重そうなのに、よく床が抜けないな~。

旅行のギリギリに行けたので本当にラッキーでした! クレオパトラ以外にも、名だたる王妃の石像や石板レリーフが!

ネフェルティティ、ハトシェプスト、ティイ。カエサルの胸像も! ポストカードにもなっていたので当然お買い上げ♪

最近の展覧会は遂に、レターセットが無くなってしまいました(一筆箋はあるけど)。これも時代の流れなのか(涙)

ブログ管理人の、みゆには申し訳ないのですが、普通の文房具店かネット通販で買うしかないでしょう。

SNSでスマホ・ケータイさえ有ればトイレの中だって世界と繋がれる時代ですが、デジタルは少し虚しいものを覚える。

手紙のやりとりは残るのですが、SNSの記録はいずれ消えるでしょう。後に、歴史に名を残す人物を研究するに当たり

SNSしか人とのやり取りが残っていないと、かなり厄介な問題になるでしょう。SNSはプライバシーの問題があるので

後世の研究者が容易に手に入れる事は難しく、手紙と違い残らない可能性が大きいからです――

坂本龍馬が手紙魔なのは有名な話。坂本龍馬の手紙はトンでもない値段します。今ほしいと思うなら高級車1台分はします。

みんな、たまには
直筆手紙を書いてほしいもの。

   ((φ(..。)カキカキ



【今回の美術館めぐり】

9/18(金)鑑賞
クレオパトラとエジプトの王妃展
7/11(土)~9/23(水・祝)
東京国立博物館 平成館
(台東区上野公園)

9/18(金)鑑賞
メカニックデザイナー 大河原邦男展
8/8(土)~9/27(日)
上野の森美術館(台東区上野公園)

9/19(土)鑑賞
マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展
9/19(土)~12/13(日)
東京都美術館(台東区上野公園)

9/20(日)鑑賞
ニキ・ド・サンファル展
9/18(金)~12/14(月)
国立新美術館(港区六本木)
以上


【関連記事】
メカニックデザイナー大河原邦男展 上野の森美術館 ロボット大集結 感想

ニキ・ド・サンファル展 国立新美術館 射撃絵画で時の人に 展覧会感想

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 東京都美術館 展覧会の感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。