2015年10月26日月曜日

九州国立博物館 開館10周年記念特別展 美の国日本 螺鈿紫檀五絃琵琶 感想


行くかどうか、本当に迷いました。1、2カ月の展示でそんなに猶予はなかったので、とりあえず行く事にしました。

国内の美術品でそんなに混んでいないだろうとタカを括っていたら、予想外に混んでてビックリ!!

サクサク進んだのですが、博多に1泊2日の日程で、重装備をかかえて並ぶのはちと、キツかったですねぇ

   ε-(;-ω-`A)  フゥ…

入場まで朝1から並んで 30分位でした。(帰りに思いついたのですが)バイクにリュックサックをつけているのですが

チェーンに南京錠を付けておくと、少しはパクられずに済むかも知れません。知人で、バイク・ロングツーリングで

荷物を盗まれた人がいたので
余り高価な物は入れられない^^;


――眠さこらえ重装備&並んだ甲斐があっただけに、素晴らしい展覧会。

縄文時代から琉球王国の秘宝まで1万年の旅が楽しめる。目玉は、正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんのびわ)。

国宝の超ド級の宝物でした。学校の教科書でよく目にしていたものが現物で鑑賞できるのには、ちょっと感動しました!!

高価なものは貴族や王様が保有していて、時間が経って世に出るようです。

正倉院の琵琶が千年経っても色褪せないのもやはり、作った職人と保管している人々のお蔭でしょう。

戦乱や自然災害をよく
潜り抜けて来たものだと感動。

帰りを急いでいて、最後の鑑賞ビデオをみる時間が取れなかったのが少し残念でした(涙)

燃費のいいハイブリッド車がほしいと思っていたのですが、そんなに遠出しないので、軽と中型バイクで充分と思える様に。

熊本から関西までは高速8時間。車に4人乗ればペイできるでしょうが、飛行機1時間が圧倒的です。

4人×8時間だと、合計 32時間ロスに。学生なら、電車の鈍行か高速バスでもいいのでしょうが、疲れます…

   ε=(‐ω‐;;)

ネットでは車のローンを組むな、車くらい一括で買えと聞きました。その通り…かも知れない(切実)。

もっとお金があれば、毎回図録が買えて高速道路もバンバン使えます、いいホテルにも泊まれます。

もっと頑張れば、あと少しで目標に手が届くような気がして来た。時間とお金を有効かつ効率的に使おう。

芸術の世界では 50歳で
まだ若造という世界ですからね~。

焦るとロクな目に遭いません。寄り道、脇道、バイパス側道みたいな人生ですが(笑) 時間が経つと医学も進歩します。

ガンが無くなるのも時間の問題です。焦る必要はないので、地道にがんばりまふ。千年前の職人さんに乾杯!
東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連展覧会】

九州国立博物館
開館 10周年記念特別展

美の国 日本
2015年10/18(日)~11/29(日)



【関連記事】
大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史 九州国立博物館 感想

NHK 日曜美術館 故宮 皇帝たちの至宝 浅田次郎 井浦新 番組感想

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 日本巨大古墳の謎 再放送感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。