2016年5月18日水曜日

日曜美術館 さよなら、わたしの美術館 カマキンの65年 鶴田真由 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「さよなら、わたしの美術館
 ~ “カマキン” の65年~」

 2015年12月13日 放送
 2015年12月20日よる 再放送

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語り兼務)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 鶴田真由(女優)
 長門佐季
(神奈川県立近代美術館
 主任学芸員)

 酒井忠康
(世田谷美術館 館長)
 水沢勉
(神奈川県立近代美術館 館長)


――ある美術館に、たくさんの写真が集まってきました。彫刻に腰掛ける子ども。スーツで硬い表情。

家族づれの男性は粋な浴衣で。美術館での思い出の写真を、来館者に募ったのです。ここは

神奈川県立近代美術館・鎌倉。愛称は 「カマキン」。実は来年の1月で、65年の歴史に幕を下ろそうとしています。

男性
「昭和20…あ、ごめんなさい。35年に結婚したんですけども、多分その時に、家内とここへ来て

撮りっこしたんだと思います(横須賀在住 1958年撮影)。僕の青春、そのものですね」

女性
「田舎の小さな町に、こんな近代的な美術館ができたという事は、とても嬉しゅうございましたし

東京から、いとこたちが参りますと自慢してね。お寺や何かを回るよりも、真っ先にここに連れてきて

なんか、ロマンのいっぱいある
場所でございます
(鎌倉在住 1954年撮影)」

――それぞれの思いが
たくさん詰まった美術館。

女性
「2歳位です、はい。父と母となんか、その…優しい時間っていうんですか…が、すごい詰まってた気がします。

思い出とか、そういうものが全部消えちゃうような気がして、ものすごく嫌ですね(京都在住 1980年撮影)」


★ 耐震性に問題があったのでしょうか? 近くの美術館はだいたい、耐震工事が終わった感じです。

熊本地震を経て、今いますが、地震や災害との付き合いは、これからもずっと続きそうです。

熊本現代美術館でエッシャー展を見ようとしたら、閉館日。相方(ブログ運営)の Writer Miyu から

顰蹙を買ってしまいました(汗) その日が4月12日(火)、震災の2日前。今は復活したのですが

本会場が使えなくなったので、5月現在エントランス等で無料展示になっています。行こうと思うのですが

今はちょっと忙しいので日程が組めないでいます。つくづく非日常です。わが城、熊本城も

大きく傷ついて泣きそうな状態です。早く元の姿になって欲しいものですが…盛土の場所の城壁が

崩れやすかったようで、そのまま直しても、次の地震の時に、また大きく崩れるでしょうから

しっかり直して、熊本の宝である熊本城を、後世にバトンタッチする必要があるでしょう。

個人の宝より
公共の宝のほうが

いかに大事か痛感。
僕もがんばります。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
日曜美術館 「アートの旅 みつけよう、美 決定版」 大村智 7人の旅人 感想

日曜美術館 まど・みちおの秘密の絵 笹野高史 市川実日子 感想

日曜美術館 パウル・クレー 秘密のメッセージ 色彩の詩人 番組感想

ポーラ美術館コレクション 佐賀県立美術館 展覧会の感想 その1

ベルセルク(狂戦士)の画家 エドヴァルド・ムンク ドイツの未来を予言した「叫び」



【関連展覧会】
 鎌倉からはじまった。
 PART3:1951-1965
「鎌倉近代美術館」誕生

 2016年01月31日まで
 神奈川県立近代美術館 鎌倉





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。