2016年10月21日金曜日

日曜美術館 熱烈!傑作ダンギ  伊藤若冲 辻惟雄 杏子 挾土秀平 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「熱烈!傑作ダンギ
 若冲(じゃくちゅう)」

 2016年04月10日
 09:00~09:45 放送

 2016年04月17日
 20:00~20:45 再放送

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語り兼務)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 辻惟雄 (美術史家)
 杏子 (歌手)
 挾土秀平 (左官)


伊東 敏恵
「『日曜美術館』 は 40周年を迎えました。新たな気持ちで、絵の素晴らしさを掘り下げていきます」

井浦 新
「40周年
 記念すべき第1回目は
 今や大人気となっている
 あの絵師です」

――来る展覧会を告げる、華やかなポスター。続々と出版される関連書籍。そう、江戸の天才絵師

伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう 1716―1800)です。今年は生誕 300年。まさに若冲イヤー。若冲は命の姿を鮮やかに

超精密に描きました…と思いきや、鶏が見上げているのは、虻。ユーモアあふれる水墨画も。更には

金の壁面を、艶やかな花で埋めつくす、装飾の極み。変幻自在の若冲ワールド。その魅力とは?

若冲を愛してやまない3人が、熱い思いをぶつけ合います。元 「BARBEE BOYS」 のボーカルとして

80年代から活躍し続ける
ロックシンガー杏子さん。

アグレッシブな若冲に
惹かれています。

杏子
「まだ見ぬもの、まだ見ぬ世界を、描きたいというエネルギーが、それこそ、若冲のような気がして」

若冲を世に知らしめた
辻惟雄さん――




★ 伊藤若冲の作品は九州国立博物館で鑑賞しました。細かい仕事で、職人気質あふれる絵でした。

気難しい職人のような気がして、それで、お弟子さんがいなかったような気もします。もし弟子が10人位いたら

伊藤派のような流派ができていたのかも…いま展覧会を開いたら、満員御礼がでる日本画家でしょう。

『鳥獣花木図屏風』 を動かしたらおもしろそうです。古典絵画を動かすという実験を、やってみたい気になる^^

伊藤若冲の作品をみると、動物園に行きたくなります。熊本市動物園はまだ閉まっているので、福岡市動物園

しかないですね。最近は秋が短いので中々、外での活動が大変です。写真からだとやはり、生命力がこもらない

ものが。毎日動物園に通うのも、ちょっと難しいものがあります。毎日絵を描いて暮らせたら幸せですねぇ。

短大のときの教授が、「ヨーロッパは描きこみが凄い、時間がかかる」 みたいな事を仰っていたのですが

日本の画家も、負けていないような気がします。人工知能に、伊藤若冲の絵をおぼえさせて、新作を

作るとしたらどんな絵になるのか、ちょっと興味が湧きます。画家もひょっとしたら、失業する時代が

来るのかもしれません。商業デザインを人工知能にやらせてみたらどうなるのかも、興味が湧きます。

以前、マツコロイドにテレビショッピングをさせてみる実験をTVでやってましたが、何とか人間が勝った

みたいな事になってた。例えば、人工知能が作ったデザインと、人間がデザインした商品では、告知せずに

売り出し、どちらが沢山売れるだろうかみたいな…過去の画家が現代に蘇る、壮大な実験もなされるかも?

レオナルド・ダ・ヴィンチの新作も鑑賞したいものです。まさに、21世紀――20世紀、「神」 は死んで

21世紀、人は神になろうと
しているのかも知れない。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
日曜美術館 熱烈!傑作ダンギ 国芳 パリでも人気を博す、浮世絵師 感想

日曜美術館 傑作ダンギ ルノワール 高階秀爾 佐藤可士和 大宮エリー 感想

日曜美術館 与謝蕪村 無限の想像力 西洋美術とあう?! 番組感想





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。