2017年3月6日月曜日

「絵の鬼」とよばれた画家! 生誕140年 吉田博展 久留米市美術館 感想


初の大回顧展!
初の里帰り展!!



吉田 博(1876―1950)
絵の鬼とよばれた画家。

よく知らない画家さん…スケジュールもあまり余裕なく、展覧会どうしようかと思っていたのですが

録画してた 「日曜美術館」 で
ちょうど吉田博の回をみました。

故ダイアナ妃が保有していた絵
と聞いてビックリ。

各地を転戦して中々
凄みのある画家さんでした。

多分、世界一周している筈です。明治・大正時代に世界一周できた人は、滅多にいなかった筈…

残念ながらスケジュールがつかず、ブログ・Twitter 運営の、Writer Miyu を連れて行けなかったので

おみやげに、定番のポストカード購入。安物カーナビを、バイクで動かしてみるテストも兼ねました。

突然、電気が消えたりとトラブルがあったので、やはり、テスト走行して良かった~ (-_-;)ホッ

今年の春頃、大分ツーリングを考えていて、カーナビをバイクにつけて、友達の所までいく予定。




ちょうどバスで団体客が来ていたので、賑やかな会場となりました。吉田博さんのように、各地を転戦する

必要があると思った。いい仕事してます。今の日本は電線、電柱、車、道路などで、風景画にならないと

思っていたのですが、100年、200年経つと、貴重な資料になるのでしょうか? 自分の死後、すぐに

作品が消えてしまうのか全く分からないけれど、吉田博さんのように、美しい風景画を描きたいと思った。

版画は、現代に作られたと言われても遜色ない程、デザイン性に優れています。吉田博さんの時代より

いま僕が持っている機材は、とても優秀。パソコンに何万と写真データが入り、それだけで充分恵まれている。

ドローンも少しの金額で手に入るので、空撮写真も気軽にできる訳です。通常、空撮というとヘリコプターを

チャーターしないといけませんが、ドローンだと格安で出来ます。もっと稼ぎを増やして、色んな事に

死ぬまでチャレンジしたい。やはり展覧会は、古い作品が優先ですね。偉大な先輩たちの作品をみると

エネルギーが貰える! 現物は違う!
僕にとって、日曜美術館は学校の授業。

美術館の展覧会へ足を運ぶのは、屋外授業。創作は自習のような感じですね。どれも大切です^^

今日も仕事に励みます。

東間 陽一 Yoichi Azuma






【関連記事】
特別展 「東山魁夷 自然と人、そして町」 青の画家 九州国立博物館 感想

ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生 憧れのボスも! 石橋美術館 感想

日曜美術館 吉田博の挑戦 ダイアナ妃が愛した日本の版画があった 感想

日曜美術館 謎の田園画家のメッセージ 久隅守景 農村の風景 感想

日曜美術館 アンコール 忘れられた天才 明治の洋画家・五姓田義松 感想



【関連展覧会】

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。