2016年3月9日水曜日

日曜美術館 あやし おどろし 妖怪絵巻 3つの妖怪絵巻が紹介 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送


「あやし おどろし 妖怪絵巻」
 2015年8月2日 放送
 2015年8月9日よる 再放送

【司会】
 井浦新、伊東敏恵

【出演】
 安村敏信(美術史家)

【VTR出演】
 湯本豪一(妖怪研究家)
 香川雅信
(兵庫県立歴史博物館学芸員)


――夜のとばりが下りると共に、闇の中から不気味なざわめきが…目を凝らすと、妖怪たちの姿が浮かんで来ませんか?

妖怪たちのパレード、百鬼夜行を描いた絵巻。鬼や動物の妖怪に交じって、台所道具や楽器の妖怪もいますよ。

湯本 豪一
「器物も古くなると、魂が宿るという。土壌が我々の心の中に、祖先の心の中に、既に在ったじゃないかと思うんですね」

妖怪たちにはやがて、図鑑のように、1つ1つに名前がついて行きます。怖いはずの妖怪が、どこかユーモラスに見えませんか?

香川 雅信
「笑いを生みだす存在が、妖怪。キャラクターとしての妖怪が、文化の中に根づいて行った」

「実録」 と称する絵巻も現れます。恐ろしい妖怪と闘う少年の物語です。日本人は昔から、妖怪が大好きでした。

さあ、今日はあやしおどろし、妖怪たちの世界を訪ねます。人間は一切登場せず、出てくるのは、妖怪ばかり。

まさに、妖怪絵巻を代表するのが、『百鬼夜行絵巻』 です――


★子どもの頃は兄弟で、『ゲゲゲの鬼太郎』 を見ていました。水木しげる先生もお亡くなり…1つの時代が終わった様な気がします。

神は死んだと言われますが、妖怪も死んでしまうかも知れません(笑) ちょっと前には、誰かが火つけ役となり

『妖怪ウォッチ』 が大ブーム! 妖怪ブームの再来となっている様です。古い家屋を見ると、幽霊か妖怪が住んでいる様な気にも(汗)

悪い幽霊が合体していくと、妖怪になるかも知れません。自分の先祖がもし、妖怪化してしまったら、影響はかなり大きいでしょう。

不幸を地でいく人間で、悪い事ばかり起きる様になるかも知れません。健やかで社会に役にたつ、立派な人になりたいものです。

『妖怪ウォッチ』 で、21世紀の現代も、妖怪のバトンタッチがなされた様に感じます。

『妖怪ウォッチ』 ちょっとかわいいキャラクターばかりなのが残念ですが、小学生向けなので、仕方ないかも知れません。

もうちょっと余裕がでたら、妖怪をCGで作って、グイグイ動かすと楽しいかも。日本画の展覧会も、たまには行きたいな♪

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
NHK 日曜美術館 "奇想の絵巻"誕生のなぞ 鳥獣戯画 井浦新 感想

(東間 NHK感想ブログ ↓ )
100分de名著 柳田国男 遠野物語 第1回 民話の里・遠野 感想

100分de名著 柳田国男 遠野物語 第2回 神とつながる者たち 感想

100分de名著 柳田国男 遠野物語 第3回 生と死 魂の行方 感想

100分de名著 柳田国男 遠野物語 第4回 自然との共生(完) 感想

歴史秘話ヒストリア 妖怪と神さまの不思議な世界 遠野物語 番組感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。