2017年1月27日金曜日

日曜美術館 沖縄 見つめて愛して 写真家・平敷兼七 人の美しさとは 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「沖縄 見つめて愛して
 写真家・平敷兼七
(へしきけんしち)」

 2016年06月19日放送

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語り兼務)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 石川竜一(写真家)
 石川真生(写真家)
 伊藤俊治(東京芸術大学教授)

【朗読】
 濱中博久

【語り】
 一青窈、伊東敏恵


――ニューヨーク!

…ではもちろんありません。ここは那覇から車で15分の、浦添という町。2015年夏、この町に

小さなギャラリーが出来ました。展示されているのは、ある写真家の作品です。その作品とは…

毒蛇のハブを捕まえて、お金に換えて暮らしている男性。夜の町で働いて、いつ借金が返せるのか

計算している女性。いつも町を掃除しているおじいさん。一人暮らしでも、海や月や草木と話せるので

寂しくないというおばあさん。これらは皆、沖縄で撮られた写真。社会の片隅でひっそりと

生きている人々にレンズを向けています。撮影したのは、泡盛でほろ酔い気味の、この人

平敷 兼七
(へしき・けんしち
 1948―2009)

61歳で亡くなるまで、40年間にわたって沖縄で撮り続けた、伝説的な写真家です。実は私

一青窈は生前の平敷さんと、雑誌の企画で対談した事があるんです。ヒゲもじゃ顔で、にこにこしながら

私の知らない沖縄、そして
写真の事を教えてくれた平敷さん。


★ 18歳頃から日曜美術館を見ているのですが、芸術家すべて知っているとは言い難いものが…。

ホント色んな人います。雑誌懸賞で当てたコンデジを未だに使い続けています。老朽化し始めたので

あと少ししたら買わないといけないかも(汗) スマホでもいいけど、ズームが効かないので

余り、好きではありません。レンズだけのカメラがあって、データをスマホに送るという

最新カメラもありますが、その場合、三脚が使えなくなります(笑) もっと、よかカメラが

欲しか~(熊本弁)。余裕がでたら、コマ撮りアニメも作りたい意欲であふるる。どうせ作るなら

ハイビジョンの画質で作りたいですね。コンデジで撮影するのは大変でしょう。1分でも

非常に時間がかかります。わずかにカメラの位置がずれただけで、ワンシーン作り直しになると

手間なので、セットしたら置きっぱなしになる可能性が高い。出かける時、たまにカメラを

持って行くので、いちいち外して、わずかなズレの修正をしたくないのですが。同じ場所ばかり

行ってませんが、もっとたくさん旅し、色々なものを見て、自分の人生、心の財産にしたいです。

人物を撮るのは苦手ですが、風景や自然を撮るのは、大好きです。熊本もがんばります!

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN 福岡アジア美術館 感想

岩合光昭写真展 ねこ歩き 世界の猫達が集結! 熊本県立美術館 感想

日曜美術館 写狂老人 '時' 記 写真家 荒木経惟75歳の日々 アラーキー 感想

NHK 日曜美術館 沖縄へのラブレター 写真家・東松照明 森山大道 感想

NHK 日曜美術館 写真する幸せ 植田正治・UEDA-CHOの秘密 番組感想





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。