2017年6月15日木曜日

日曜美術館 利休の志を受け継ぐ 樂家450年、茶碗の宇宙 樂吉左衞門 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

 2017年01月15日放送
「利休の志を受け継ぐ
 樂家450年
 茶碗(わん)の宇宙」

【司会】
 井浦新 (俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵 (語り兼務/
 NHKアナウンサー)

【ゲスト】
 樂吉左衞門 (陶芸家)
 鴻池朋子 (美術家)
 樂篤人 (陶芸家)




――450年もの間、その家はいにしえの方法で茶碗をつくり続けてきました。代々1人の男だけに託す、一子相伝。

樂 吉左衞門
「よっしゃ、熱くなってきたぞ」

息子
「いきます」

――父に見守られ
息子は火に向かいます。

樂 吉左衞門
「何やこれ、想像とちょっと違うな。ここが割れてるのが気になる…もうちょい。まあ、失敗が次に繋がるとはそういう事だ」

――樂家15代、樂吉左衞門(らく・きちざえもん=67)。茶碗をてがけて 40年。色も形も斬新な

茶碗で世界を驚かせてきました。樂家の一子相伝は、代々の技や型をそのまま受け継ぐ事ではないといいます。

樂 吉左衞門
「僕みたいにこんな激しい事をし始めたのは、教えて貰ってできる事ではないし、お家芸じゃない。

これは生きている事の証しみたいなもんだから、やっぱり、自分でこうなってしまっているんですね」

――樂家には長い歴史があります。祖先を辿ると、1人の陶工に辿りつきます。茶の湯の大成者

千利休からの依頼を受け
茶碗をつくった男
長次郎。




【感想】
450年も家が続いているのは、本当にすごい事です。自分の家の古い記録は、あまりないので

うっすらとしか分からない事が多いですね。家はだいたい、7代は消えてしまうといった法則を

聞いた事があります。血筋には興味がないので、スタジオが立派に存続していく事が当面の

課題です。まだまだ若いせいか陶器にあまり興味が湧きません。出光美術館とか少し回った

事があるけど、まだ、ピンときてない部分が大きいです。西洋美術はだいたい一通り、知識は

得たので、今後は日本美術を勉強する積りです。日本の美意識の1つ、千利休の 「わび・さび

(佗・寂)」 がまだまだ分からないので子どもです。その時はピンとこなくとも、陶器や日本画を

鑑賞して行かないといけないと、円山応挙の展覧会をみて思うところがありました。安土桃山

時代は力作が多いので、積極的にみて回りたいものです。つくってる所をみると…きつそう…

熱風との格闘でしょう。1つ1つ丁寧につくっているので、高価なのは頷けます。僕も、立派な

芸術品が創れるよう
精進あるのみです。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
日曜美術館 いのちを吹き込む匠たち 第62回日本伝統工芸展 感想

日曜美術館 我にタブーなし 陶芸の琳派・尾形乾山 佐藤オオキ 感想

NHK 日曜美術館 日美40年記念 特別アンコール 司馬遼太郎 番組感想

NHK 日曜美術館 銀行頭取 陶芸を革新せり 川喜田半泥子 感想

NHK 日曜美術館 革新の極意 古田織部 400年の時を超えて 感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。