2015年4月29日水曜日

館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 展覧会感想


エヴァンゲリオンの原点は
ウルトラマンと巨神兵――



熊本県立美術館 印象派ノルマンディー展と一緒にハシゴした展覧会。同美術館は

17:15まで。熊本市現代美術館は 20時まで…ということもあり、閉まる順番に巡行しました。

ここの後は…

鶴屋デパートで
パンを購入 (o^^o) ホクホク

よーやく熊本県人らしくなってきたかな~。展覧会は庵野監督がてがけたという事も

あり期待できました!

エヴァ展といい漫画アニメに熊本がジャックされつつある(笑) 展示物は戦隊もの

の初代あたりから 「巨神兵東京に現わる」 とバラエティ豊かなラインナップでした。




CG席巻でこういう仕事が減っているのは寂しい事ではあります。これも時代の流れ

なのでしょうか――10分の巨神兵のムービーがまさか、CGゼロとは思わず。楽しい

メイキング映像もあり。好きな方は必ずきた方がいいです! 巨神兵の後の、倉庫を

再現した展示は圧巻でした。たくさん模型が飾ってあってトキメキますねぇ。色塗り

もしてくれる3Dプリンタも発明されているので、職人さんたちの場所が狭くなって

いるのは残念なこと。メイキング映像でも絶滅危惧種と…自虐…されていました (T_T)




田舎の安い土地で駅付近に、特撮博物館ができたらな~。小さい頃、ウルトラマンの

再放送をみていた世代なので、こういった文化がひとつ消えるのは切ないものが(涙)

まだまだ遠い話ですが、いつか3Dプリンタを購入したら、沢山プリントアウトした

もので何かムービーを創りたい。目指すはチェコかロシアの人形アニメ♪ Youtube 配信

をめざしていますが、なかなか手が届かず。う~ん、自分の無力感じます。Youtube

検索するとチェコの人形劇、いい作品でますねぇ。CGと3Dプリンタで出力した物を

組み合わせてみると面白いものができそう。偉大な先輩の跡を、僕もあるきたい――

東間 陽一 Yoichi Azuma


(2017年08月17日 記事改訂)





【関連展覧会】
『館長庵野秀明 特撮博物館
 ミニチュアで見る昭和平成の技』

 2015年04月11日(土)
~2015年06月28日(日)

 熊本市現代美術館
 主催KKT



【関連記事】
スタンプラリー有! エヴァンゲリオン展 熊本県立美術館 展覧会感想

肥後銀行創立90周年記念 印象派のふるさと ノルマンディー展 感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。