2016年10月31日月曜日

日曜美術館 幻の光 救いの闇 カラヴァッジョ 世界初公開の傑作 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送


「幻の光 救いの闇 カラヴァッジョ
 世界初公開の傑作」

 2016年4月17日 09:00 放送
 2016年4月17日 20:00
 朝放送のカラヴァッジョ特集

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語りも兼ねる)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 アミタマリ(写真家)
 川瀬佑介
(国立西洋美術館学芸課研究員)

 宮下規久朗 (神戸大学教授)
 石鍋真澄 (成城大学教授)
 松岡正剛 (作家・編集者)

 ロッセラ・ヴォドレ
 ミーナ・グレゴーリ
 ジャコモ・ベッラ
(美術史家)





――この春、イタリアから1枚の絵がやって来ました。400年間、行方が幻の傑作です。闇の中に描かれた女性。

世界に先駆けて初めて公開された、天才画家の聖女の絵です。画家の名は

ミケランジェロ・メリージ・
ダ・カラヴァッジョ
(1571―1610年)

16世紀の終わりローマに彗星のごとく現れ、西洋絵画の歴史を一変させた、天才にして殺人者。

トカゲに噛まれた!(トカゲに噛まれる少年)。フルーツはいかが? 香りまでも伝わってきそうな徹底したリアリズム。

闇と光が交錯する一瞬の光景。カラヴァッジョの絵は、見る者を釘付けにする凄味を持っています。

石鍋 真澄
「美の理念だとか理想だとか、そういうフィルターをかけずに、当時の人とか物をそのまま彼は

描こうとしたので、その人の中に溶け込んでいる、或いは、その当時のものの中に溶け込んでいる

言ってみれば、精神や欲望や、そういう色んなものを読みとる事ができる訳ですね」


★激情的作家、たまに居ますねぇ。前に放送だった、漫画家ヤマザキマリさん、俳優・北村一輝さんの

カラヴァッジョの放送をみました。何と、行方不明だった作品が日本で初公開! びっくりです。

気軽に東京へ行けるような身分になりたい。何か月か前にチケット手配すれば安く行けるのだが

急用が入らないか、かなりドキドキ(汗) しかし…昨日10月29日にまた、イタリアで地震。

この番組放送中に、エクアドルでM7の地震が起きて大きな被害があった様で、最早何処にいても

自然災害に遭う可能性がある、非常に不安定な時代となりました。この放送が4月17日、前日16日は

2度目の熊本地震、震度7の悪夢の日でもありました。イタリアでも車泊している人がいたので

平常時に車泊便利グッズを仕入れておくと良いかも。災害時にアートは無理なので、普通の日常生活が

どれだけありがたいものか身に沁みる。菊池界隈のスーパー、物産館の駐車場に車泊している人々を

見かけたものです。10月になってようやく落ち着いてきたので、また、元気よく働きたいです。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
日曜美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ 幻の戦争画大作 アンギアーリの戦い 感想

NHK 日曜美術館 ルネサンスの巨人・ボッティチェリ 惣領冬実 番組感想

NHK 日曜美術館 謎以外の何を愛せようか ジョルジョ・デ・キリコ 感想

ニュー・シネマ・パラダイス おすすめ映画 巨匠トルナトーレが紡ぐ感動物語

珠玉の名作マレーナ 洋画ラブロマンス 美しさは罪 モニカ・ベルッチ出世作 感想

ローマの休日 ラブストーリー名作映画 オードリー・ヘップバーンの魅力 感想




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。